更年期障害 いつから

いつから更年期障害かというと、一般的に、女性は閉経前の5年間を更年期というそうです。

日本人女性の平均的な閉経年齢は50歳と言われていますが、個人差もあり、早い人だと40代前半、遅い人だと50代後半に閉経を迎えるようですね。

閉経で卵巣の機能が低下するので、女性ホルモンの一つのエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が急激に減少して、様々な症状が現れる場合があります。

ですので、更年期障害の症状が現れてきそうなのは、早くて40代前半くらいからかもしれません。


ただ、最近は不規則な生活やストレス、摂取している栄養バランスの問題で、もっと早く更年期障害の症状が出てくる人もいます。

若年性更年期障害といって、30代の人でもホルモンバランスを崩していることによって、更年期障害になる人もいるそうです。

また、更年期障害というと女性のイメージが強いかもしれませんが、男性にも更年期障害はあります。

男性も年齢と共に、ホルモンの分泌量が減っていって、女性の更年期障害に似たような症状が現れることもあるそうですよ。


更年期障害の症状は様々なので、体調不良や単純にイライラする出来事が続いたのか、と気づけない人もいるかもしれません。

年齢も基準にしつつ、「もしかしたら」と思うことが少しでもあるなら、ネットなどでチェック項目を見てみてもいいのではないでしょうか。

例えば

・汗をかきやすい
・のぼせたり、ほてる
・記憶力や判断力の衰えを感じる
・イライラしやすい
・動悸、息切れがある
・抜け毛が増える

などですね。

他にも、更年期障害の症状は沢山ありますので、一度チェックしてみた方がいいかもしれません。

自分が今どういう状態なのかが分かっていた方が対策は取っていきやすいですからね。


また、更年期障害の症状として当てはまることが多かったり、項目が少なくても一つの症状がつらい時は、我慢したりしないで婦人科を受診しましょう。

ホルモンの数値を血液検査で調べてもらえるので、実際に更年期障害かどうかを確認することが出来ます。

婦人科でなら、適した治療法などを指示してくれるので、生活もしやすくなっていくと思いますよ。


もし、病院に行く時間が無いという人は、プラセンタを試してみてもいいかもしれないですね。

プラセンタの中でも馬プラセンタは、含まれている栄養成分が豊富で、ホルモンバランスを整えていく効果があると言われています。

実際、更年期障害のために病院でプラセンタが処方されることもあるそうですから、試してみるのもいいのではないでしょうか。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。