更年期障害 生理不順

更年期障害の症状の一つに生理不順があります。

女性の閉経前後の更年期と呼んで、その頃に更年期障害の症状が出てきたりもしますので、生理不順が一つの目安になるというのも聞いたことがあります。

通常、1ヶ月に1回、およそ28日周期で訪れるものですが、その周期がずれていって、2ヵ月…3ヶ月毎になり、そして生理が来なくなるそうです。

閉経を迎えるのですから、生理不順になってもいいと考える人もいるかもしれませんが、生理不順には他にも病気が潜んでいる可能性もあります。

年齢や更年期障害が理由だと考えられるかもしれませんが、一度は病院で診てもらった方がいいかもしれないですね。


また、更年期障害は閉経前後と言いましたが、最近は若年性の更年期障害というのも出てきているそうです。

30代くらいの方でも更年期障害と似たような症状が出て、生理不順になることもあります。

仕事や人間関係でストレスを溜めて、ホルモンバランスが乱れていくことで、そういった症状に繋がるそうですよ。

もし、少しでも不調を感じるのであれば、婦人科に相談に行くようにしましょう。

先程も書きましたが、何か大きな病気が関係している可能性もあります。


とは言っても、すぐに病院に行くのが難しい人もいると思います。

そういう時は、ひとまずホルモンバランスを整えていくことを目指していくようにしましょう。

ストレスの緩和、充分な睡眠、栄養バランスが整った食事を心掛けていくことで、ホルモンバランスを整えていくことが出来ますよ。


もし、これも難しいというのであれば、どれか一つ出来そうなことから試しつつ、プラセンタを試してみてはどうでしょうか。

プラセンタには多くの栄養素が含まれていて、ホルモンバランスを整える効果があると言われています。

ストレス緩和や不眠解消、生理不順を整えていく効果もあるそうですから、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

特に馬由来のプラセンタは、豚プラセンタよりも多くの栄養素が含まれているので、高い効果が期待出来るそうですよ。

試すのであれば、馬プラセンタがいいのではないでしょうか。


ちなみに、更年期障害の治療として、プラセンタが処方されることもあるそうです。

病院でも効果が認められているとも言えますので、もし興味があるのでしたら、試してみてもいいと思いますよ。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。