更年期障害 年齢

更年期障害は40代~50代の方がなると言われています。

ただ、最近は若い方でも同様の症状が出たり、
男性でも更年期障害になることがありますので
年齢性別関係なく気をつけた方がいいと思いますよ。


更年期障害の原因はホルモンバランスの乱れが一番多いです。

基本的には「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌量が低下して
ホルモンバランスが崩れることで更年期障害になるようですね。

エストロゲンの分泌量は年齢と共に減っていきますので
更年期障害は40代以降の女性がなるのです。


そう考えると若い方や男性はなるものではないと思うかもしれませんが、
男性の場合は男性ホルモンの分泌量が減ることで更年期障害になります。
この男性ホルモンのテストステロンも年齢と共に分泌量が低下します。

そして、この女性・男性ホルモンは
ストレスなどによっても分泌量が減りますので
若い方でも更年期障害の症状が出ると言われています。


ホルモンバランスを整えておくことが出来れば
症状を改善出来たり、ある程度予防することも出来ると思いますので

「食生活の見直し」「必要栄養素の摂取」「適度な運動」
「ストレスの緩和」「プラセンタの利用」

などを行っていってみてはどうでしょうか。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。