更年期障害 治療

更年期障害の治療は
・ホルモン補充療法
・漢方による治療
・抗うつ剤、抗不安剤などを利用する治療
といったものがあるそうです。


更年期障害が起きる原因は
ホルモンのバランスを乱すことにありますので
ほとんどがホルモン補充療法になるかと思います。

ただ、更年期障害の症状は
うつ症状のようなものも出たりしますので
抗うつ剤を利用するケースもあるようですね。


ホルモン補充療法は一般的ですが、
ホルモンの補充には副作用もあります。

どういった症状が出るかを確認した上で
一番良い治療方法を選んでいけるといいかもしれないですね。


また、更年期障害の治療として
近年ではプラセンタを利用することも増えてきているようです。

プラセンタにはホルモンの分泌量を調整する機能があると言われていて
物を選べば医療用のものと同じ効果を得ることも出来るようですよ。

試してみる価値はあるのではないでしょうか。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。